MENU

提案その(一)

聖書の読み方の提案をします。
日本語の聖書なら、私たちは自分で読み、学ぶことはできます。自分なりに聖書を生きる力にすることができます。もっと確かな方法で聖書に導かれる歩みをしたいと願う方がおられると思います。私自身がそうでした。ある時、「デボーション」と呼ばれる聖書の読み方に出会い、それ以来、このやり方で聖書を読んでいます。皆さんに紹介させていただきます

詳しくはこちら

提案その(二)

聖書の教えを論理立てて表現したものが教理です。教理を学ぶことは信仰理解の骨組みを作る上で大切なことです。教理は知識として学ぶだけではなく、それが血となり肉となり、信仰生活に生かされることが大切です。つまり、その教理を身につけることが大切となります。そのためには、一種のコツのようなものがあります。それを信仰の急所と呼ぶことができると思います。それを紹介します。

詳しくはこちら

投稿について

 このサイトでは、聖書から導きをいただく具体的な例を投稿というかたちで紹介します。私自身のデボーションの実例、信友のデボーション例も紹介します。ご自分でも始めてみようという方の参考になったらと思います。
聖書を読むことについて、色々な方が語っていますが、御言葉に生きるために参考となるものも投稿というかたちで紹介します。
最新の投稿はこのページに紹介してあります。過去の投稿は、上段のメニューから見ることができます。